読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかすの日記

つぶやき

GIGA スーパーヒロイン絶体絶命!!Vol.46 影戦士シャドウエンジェル編

恥ずかしながらGIGAや禅の女戦闘員モノは何本か持ってます(笑)!

中でも「スーパーヒロイン絶体絶命!!Vol.46 影戦士シャドウエンジェル編」が一番お気に入りです。

女戦闘員さん達がキビキビして良い!

出来ることなら、彼女達に拉致され、奴隷のようにこき使われたいです。

もちろん、肩ぐらいお揉みさせていただきます(笑)!

 

この作品の一番の推し部分は、特典映像です。

この中で、主演の女の子のインタビューしているシーンがあるのですが、そのインタビューの後ろで、女戦闘員役のスーツアクトレスさんがおもむろにタバコを吸い始めるんです。

萌えます!!

f:id:mikasu99:20170528003220j:plain

第4話

キャラクターの顔がどんどん変わっていってる・・・・

 

もともと画力以上の背伸びしたタッチなので無理があるんだよなぁ・・

 

 

小説版ゴッドマジンガーのシャーマンさん達②

それでは、8人の呪巫女(シャーマン)さん達の紹介をしたいと思います。

 

1.不死娘(フシメ)

 呪巫女部隊のリーダー。

 名前の通り「不老不死」の能力があり、死んでも若返って蘇ります。

 その際、処女膜も再生されるとのこと(わざわざ、この辺に言及する

 あたり、永井豪作品らしくて良いです)

 作品の序盤で、彼女に予知能力があるとの記載があったのですが、

 作品中盤以降ではその能力に対する言及はありません。

 

f:id:mikasu99:20170402103316j:plain

 ムー四剣士と対峙する不死娘(フシメ)

 

2.匂女(ニオメ)

 色香で男を魅了する能力を持つ。

 全身から甘い香りを放ち、その香りを嗅いだ男は欲情が掻き立てられ、

 我を忘れてのぼせてしまう。

 さらに、終いには匂女の虜となり傀儡してしまう。

 その能力を活かし、ドラゴニア軍の侵攻先の国に乗り込み、その国の

 将軍に術をかけて、その陣容を聞きだしたりしていました。

 割と作品の前半で活躍した呪巫女さんです。後半はあまり活躍する場面は

 ありません。

 

f:id:mikasu99:20170402110833j:plain

降伏をしてきた国の王子をたらし込み、見せしめのためドラドに処刑させる匂女

 

3.魅魂(ミコン)

他人の意識に介入し、その人の行動を操ったり幻覚を見せたりする能力がある。

同性愛者らしく、捕らえてきた薫とソニアの意識を操り、二人にレズ行為をさせ、

かつ、自分も彼女達の快感を味わいメロメロになってしまうエロい呪巫女さん。

陰陽(オンミョウ)と共にソニアを呪巫女に育て上げる。

 

f:id:mikasu99:20170402112544j:plain

 エルドの背後に回る魅魂(上)さん。手前に居るのは陰陽さん。

 

4.陰陽(オンミョウ)

男女問わず、変装(変身)する能力がある。

セト国の王女ソニアに変身し、セト国の王ナラトの暗殺を企てたり、

そのナラトに変身し、ヤマト暗殺も企てる(残念ながら両方失敗)。

両性具有者で、女性としては大柄。

猫のような敏捷さを持ち、エルドからは化け猫と呼ばれる。

魅魂に操られた薫とソニアのレズ行為を見て、強い嫉妬を抱き、

二人の間に割って入ろうする。

f:id:mikasu99:20170402113625j:plain

 

5.八蜘蛛(ヤグモ)

 蜘蛛のような能力を持つ。

 「秘められし神櫃」を奪うため、スオウ国の王オシミを襲撃する作戦で活躍。

 ただ作中、あまり活躍する場面の無い呪巫女さんです。

 f:id:mikasu99:20170402114314j:plain

 

6.雄呂血(オロチ)

 大蛇に化ける能力のある呪巫女さん。

 エルドの囲い者とされていた薫を誘拐したり、その薫自身に変身し、

 ヤマト暗殺作戦に参加する。

 

f:id:mikasu99:20170402114902j:plain

 

7.悪知(アチ)

 記憶力がすごい呪巫女さん。一旦見聞きした情報は決して忘れることは無い。

 ドラゴニアに残る伝承や言い伝えを事細かに覚えている。

 常にドラドの傍にいて、ドラドの望み通りに記憶を呼び出している。

 (残念なことに悪知さんの挿絵はありません)

 

8.謎花(メイファ)

 元セト国の王女ソニア。

 ドラゴニアに捕えられ、魅魂と陰陽に呪巫女として育てられる。

 匂女と同じように、花の香りを放ち、男を魅了する。

 その能力をドラドに対しても披露。ドラド様も大喜び!

 また、体の一部を植物に変化させ、鞭のような武器とする能力がある。

 呪巫女としての教育係であった陰陽と心を寄せ合う。

 

f:id:mikasu99:20170402120452j:plain

 謎花の王女ソニア時代(この挿絵の少女は陰陽が変身したソニア)

 

f:id:mikasu99:20170402120611j:plain

薫と戯れるソニア

 

 

 

小説版ゴッドマジンガーのシャーマンさん達①

小説版ゴッドマジンガーには8人のシャーマン(以降、小説版の表記にならって呪巫女と書きます)が登場します。

アニメ版と違って、それぞれ個性が豊かで、とってもエロい女性達です。

 

そんな彼女達ですが、ネットの世界でも詳しく紹介されておりません。

せっかくなので、彼女達の見た目や活躍を紹介しておこうかと思います。

(参考に小説版の挿絵を添えておきます)

 

★呪巫女さん達の役割

 ドラゴニアの王であるドラド(作中は怒雷怒と表記)の女親衛隊兼、直属の

 諜報部隊、かつ、愛妾。

 作中でも、ドラドの手先として、さまざまの呪術を使いながら活躍をします。

 みな、美人で超スタイルが良いです。

 呪巫女さん達は、ドラドに愛されているので、作戦に失敗したからと言って

 処刑とかされません。(^▽^)/ 

f:id:mikasu99:20170402090913j:plain

 ドラドを癒す呪巫女さん達

 

★呪巫女さん達の素性

 作中では以下のようなうわさ話が紹介されていました。

  『ドラゴニアはもちろん、ありとあらゆる国々から美女をあつめ、

  その中から才能のあるものを選んで怒雷怒自身がそのように育てる

  のだとも言われている。

  リーダーの不死娘(フシメ)がつぎつぎにどこかからかどわかし、

  集めてくるのだという説もある。』

 実際に、作中でもムーの同盟国であるセト国の王女ソフィアをかどわかし

 呪巫女に育てたり、薫(小説版ではヤマトの幼馴染)やアイラを呪巫女に

 育てるような話が呪巫女さん達の会話で出てきます。

 

★呪巫女さん達の出で立ち

 登場する呪巫女さん達は、基本的に以下のような出で立ちで登場します。

  ・シースルー状のブーケ、ブラ的なもの、ハーレムパンツ。

  ・白と黒のマダラ模様のマント

 ブーケとハーレムパンツは白地ですが、ブラ的なものは、8人それぞれカットと

 色が違うようです。

 体を覆う布はシースルー状なので、乳首はもちろんアソコの部分も透けて見えます。

 また、裸体での登場も多いです。

f:id:mikasu99:20170322212524j:plain

 

   呪巫女さんを全身を映した挿絵

 

★呪巫女さん達の能力

 8人それぞれが特殊な呪術をもっていますが、基本能力として、呪巫女さん達同士で

 テレパシーが使え、遠くにいても意思疎通ができます。

 また、呪術だけでなく、剣術もすさまじく、アニメ版と違い、ムー四剣士も

 太刀打ち出来ません。

 恐竜と対峙したとしても、ひけをとることはないらしいです。

 また、死古鳥と呼ばれる古代鳥に乗り、ムー大陸を縦横無尽に飛びまわります。

f:id:mikasu99:20170322212835j:plain

死古鳥に乗る呪巫女さん

 

★ドラゴニアでの評価。

 ドラドからは強い信頼を得ていますが、ドラゴニア陣内では総じて嫌っている者

 が多いです。

 ドラドの寵愛を受けているだけではなく、ドラゴニアの将軍や兵を常に見下した

 態度をとるからです。

 いつも、「ホッホッホッホッ!」を小ばかにした笑い声を立てながら登場します。

 しかも、スッポンポンに近い出で立ちで、兵を欲情させておきながら、ドラドが

 怖くて手出しが出来ないことへの苛立ちが、嫌悪感をさらに強くしているようです。

 

  

下書き中

前回投稿から一か月たったが、まだ下書き中。

今回はちょっと時間がかかってる。

小説版ゴッドマジンガー読み終えた

読み終えた。

すごく、あっさりした終わり方だった。

多くの謎の説明もなく、尻つぼみな終わり方で、ちょっとスッキリしていない。

 

 

小説版ゴッドマジンガー

小説版ゴッドマジンガー読んでる。

全10巻中、9巻目を読み中。

ただ、9巻でシャーマンさんは、全員お亡くなりになった。

なにげに、最後はカッコよかった。